ルアーで釣りましょう!

    2016年から高知の海でルアー釣りをはじめました

23日、午前中に到着できるように出発しました。

行きの車中では、メタルバスター(釣りビジョン)のOPである、「In the City/Madness」を聴きながら気分を盛り上げ、室戸に到着。


荷物をまとめて、先端まで移動です。
(これが結構距離が長くて、特に暑い時はつらい


3月から月1回は、ここにきていましたが水温の関係か、まだ青物の回遊も少なく釣果無しでした。


離岸堤のHPでは、6月に入ってポツポツ青物の釣果が出てきだしたので、室戸岬漁港も少し期待をして……

11:00からショアジギング開始。


1投目は、肩を痛めないように、フルキャストはせず軽めにキャストをしました。

着底からワンピッチジャーク、フリーフォールから着底をとってワンピッチジャークを始めた途端


ゴン


ロッドがグイッと曲がりました!1投目からHITです

根に走られないようにドラグはがっちり締めているので、ゴリ巻きゴリ巻き

ネイリです!

足元まで寄せてきましたが…ここで、タモ入れがうまくできず、テトラに潜られてしまいました
(過去抜き揚げで何回かポロッと逃がしたので、小さくてもキャッチ優先でタモ使っています)


さすがネイリ。隙があれば根に潜ります


僕はあきらめきれず、いったんベールを返しフリーにして根から出てくるのをじっくりと待ちました。



少しすると、動き出しました!その瞬間、タモはあきらめて、抜き上げました!

何とかキャッチに成功

s-vs170623ネイリ20170623.jpg
 

s-RIMG0333ネイリ20170623.jpg


サイズは35cm。大きくはないですが、室戸ショアジギで久々の釣果なので満足です。


何とかお刺身にできそうなので、お刺身でいただきたいと思います。

この後、午前中はアタリは無くお昼をとりました。


s-RIMG0336喜ら功.jpg



知っておられる方も多いかと思いますが、芸西村の「喜ら功」の唐揚げ弁当です(500円)。

小学校の時からちょいちょい食べていて、結構おいしいお弁当です。

ぜひ、まだ食べたことがない方は、一度食べてみてください。



昼食後、車で少し休憩し、13:30~18:00にかけてキャストしましたが、次のヒットはなかったです。


ただ、17:00頃、300mくらい沖で何匹かのボイルが発生していました。

残念ながら、ルアーが届く距離でも無く、魚がこちらに寄って来ることもなかったのですが、次回に期待ができそうです。


s-DSC_2113室戸岬漁港.jpg


楽しかった1日でしたが、結構疲れました。筋トレが必要か??



24日の夜、ネイリを刺身にして美味しくいただきました

s-DSC_2117刺身.jpg

s-DSC_2121刺身.jpg


やっぱり、カンパチの刺身は甘味、食感とも美味しいですね。




使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(ブルピン)

2017.06.24 11:00 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(0) |
今更なんですが、まだ3月、4月の釣果が全部書けていません。

とりあえず、

3月10日 ⇒
3月14日 ⇒

の2日分を更新しました。ぜひご覧ください。
2017.06.21 18:34 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
18日の夕マズメに合わせて、15:00~19:00にいつものサーフに行ってきました。

今日は、ラインシステムを変えてみたのでどんな感じになるのか、テスト釣行です。

いままでのサーフ用タックルのシステムは

PE → FGノット → リーダー → ニットノット(ダブル) → 音速スナップ → ルアー

だったのですが、音速スナップの前にスイベルを入れて

PE → FGノット → リーダー → ニットノット(ダブル) → スイベル → 音速スナップ → ルアー

としてみました。理由は、ジグの動きがもっと自由になるかと考えたからです。


キャストした結果ですが………


ジャカジャカ巻きは、特に問題なし。が、ワンピッチジャークはダメでした…

重さの違和感とシャクリとリトリーブが噛み合わず、挙句の果てに、1/2の割合でエビる…



きっと、ジグが予想以上に暴れています!



音速スナップを外して、スイベル→ジグ としてみてもエビる現象は続き…

スイベル使用は諦めました。(技術的な問題かもしれませんが)


で、釣果は


s-RIMG0330ワカナ.jpg


s-RIMG0332ワカナ.jpg


25cmの肉付きのいいワカナ1匹でした。



この魚も、スイベルが原因なのか、アタリがきちんととれませんでした。




この後、スイベルを外し音速スナップのみで釣りを続けました。

ワンピッチもビシッと締まり、エビる現象も起こらず。



やっぱり今後は、今まで通りのラインシステムで行きたいと思います。




使用タックル
ロッド:ダイワ ラテオ 106ML・Q
リール:シマノ 15 ストラディック(STRADIC) 4000HGM
ライン:よつあみ G-ソウル X8 アップグレード 1.2号 200m
リーダー:VARIVAS シーバス ショックリーダー フロロカーボン 22LB.(6号)
ルアー:マリア ムーチョ・ルチアAH 35g (スーパーグロー)

2017.06.19 18:26 | ライトショアジギング | トラックバック(-) | コメント(2) |
10日、11日に久しぶりに朝マズメに合わせて、いつものサーフへ行ってきました。

10日は、4:00~7:20にライトショアジギング。

最初のうちは、まったくジグに反応なし。

周囲が明るくなり始めてから、

コココン

っと、アタリが出てきだしました。


カマスです!


この日は回遊に当たったのか、キャストするとジグの着底までに何回もアタリが出ます。

アワセを入れますが、なかなかヒットまでには持ち込めません。


何回目かのキャストの時、コココンッというあたりで、アワセを入れるとフッとロッドが軽くなりました。

巻いて確認すると…、リーダーがズタズタで切れていました


リーダーチェックを怠ったのがダメでした…お気に入りのジグ(マリア ムーチョ・ルチアAH 35g スーパーグロー)をロストしました

このジグはモデルチェンジ後、グロー系のカラー設定が今のところなくて、高知の店頭でも最近在庫がなく、なかなか入手できないのが残念です


リーダーを組み直して、キャストしましたが、カマスの群れはどこかに行ってしまったようです…


この日の釣果は、カマス4匹。サイズは25cmが最大で今までのカマスより少しサイズアップです。身の張りもよく、塩焼きでおいしくいただきました


s-RIMG0328カマス.jpg



11日は、4:30~7:00にライトショアジギング。

昨日より状況が悪いです。カマスやワカナの群れにも遭遇できませんでした。

15cmほどのカマスが2匹キャッチできました。

魚の反応は、この2匹のみ。


う~ん、ショアジギングを始めての1年余り、どうも僕は朝マヅメが得意ではないです。1月3日にヒラメを釣った日前後以外の釣果はほとんど夕マズメ。まぁ~、釣行回数も夕マズメが多いから、こんな気持ちになるんでしょうけど…。


でも、もう少し暑くなってきたら、頑張って朝マズメに室戸の方へ、青物、シイラ狙いのショアジギングに行きたいです。



使用タックル
ロッド:ダイワ ラテオ 106ML・Q
リール:シマノ 15 ストラディック(STRADIC) 4000HGM
ライン:よつあみ G-ソウル X8 アップグレード 1.2号 200m
リーダー:VARIVAS シーバス ショックリーダー フロロカーボン 22LB.(6号)
ルアー:マリア ムーチョ・ルチアAH 35g (スーパーグロー)

2017.06.12 18:32 | ライトショアジギング | トラックバック(-) | コメント(0) |

4日の14:30~16:30に、いつもの仁淀川河口近くの東側サーフでライトショアジギングをしてきました。


この日の海の様子は、少し濁りが入っていましたが、先日のような海藻が舞っている事は無く、まずまずの状態です。



最初は、シルバー系のジグをキャストしてみましたが、反応なし。濁りのこともあり、グロー系に変更してキャストしてみました。

すると…


コン


小さなアタリがあり、ランディングすると…



s-RIMG031カマス.jpg


20cmちょい超えのカマスでした!


この日はカマスが結構喰いついてきて、同じサイズのカマスを4匹キャッチとバラシが2匹となりました。

これ位のサイズのカマスは口切れしやすいのか、強い合わせを入れたり、リトリーブをガンガンやるとバラしてしまいます。



カマス以外に、21cm位のネイリが2匹キャッチできました。このサイズでもやっぱり引きは面白いです。


s-RIMG0312ネイリ.jpg


s-RIMG0322ネイリ.jpg



この後、車の方向に戻りつつ、ランガンしながらキャストしていきました。


キャストを繰り返しつつ、ルアーが岸辺に近づいたところで、フォール→着底→シャクリ上げたところで…


ゴン



来ました!!ロッドがしなります


ジジジ、ジジジ、ジジジ


ドラグが結構出ます

引き波で、沖に走られます!

ランディングに成功しました!上がってきたのは…

s-RIMG0312イトヒキアジ (1).jpg

イトヒキアジでした

フロントフックがっちり喰っていました!


s-RIMG0312イトヒキアジ (2).jpg

サイズは40cmを超えるくらいでした。

ただ、前回の41センチのイトヒキアジよりは、強い引きがあり、やり取りが楽しめた1匹でした。


この日は、他に2ヒット2バラシがありました。引き具合と、一瞬見えた魚体から30cm以下サイズのエバではないかと思います。

日没直前に大きな魚に出会えましたので、納竿としました。


イトヒキアジは刺身でおいしくいただきました。

s-DSC_2108イトヒキアジ刺身


写真の2皿分がとれました。

イトヒキアジの皮は薄くて引きにくいです(まだまだ下手ですので)

ロウニンアジの刺身はコリコリで淡泊、イトヒキアジの刺身はねっとり甘みがある気がします。





使用タックル
ロッド:ダイワ ラテオ 106ML・Q
リール:シマノ 15 ストラディック(STRADIC) 4000HGM
ライン:よつあみ G-ソウル X8 アップグレード 1.2号 200m
リーダー:VARIVAS シーバス ショックリーダー フロロカーボン 22LB.(6号)
ルアー:マリア ムーチョ・ルチアAH 35g (イカナゴグロー、スーパーグロー)

2017.06.06 18:45 | ライトショアジギング | トラックバック(-) | コメント(0) |