ルアーで釣りましょう!

    2016年から高知の海でルアー釣りをはじめました

19日(火)の車中泊で目覚めたのは午前4時過ぎでした、外に出てみるともう明るくなってきています。

そして、雨……

雨の時のルアー釣りは難しいと雑誌なんかに書いてありますが、僕は雨の時の釣果が悪くないので結構好きです。

堤防に着いてキャスト開始したのは、4時半過ぎでした。

最初の反応は30分くらい経った頃でしょうか、フルキャストからボトムをとってワンピッチジャーク15回目(中層付近)でHITです!

s-GOPR0439何かのHIT0619.jpg

この引きは青物かな?というような強さです。

グイグイとリトリーブしてきましたが…

4,5回ポンピングしたところで

フッ

ロッドが軽くなりました…口切れでしょうか…

う~ん、残念

気を取り直してすぐにキャスト再開です!

20分くらいたったころでした

キャストからボトムをとってワンピッチジャーク、もう一度ボトムをとって11回目のジャークをしたところで…

グン、チリリリ

HITしました!いいサイズかと思いきや、強い抵抗もなく結構簡単に寄ってきました。

おお、青物だ!

と思っていたところ、足元で抵抗が始まりました。なかなか走り回り、ドラグもチリチリ鳴ります。

昨日の反省で、ネットを使って取り込みの用意は完了。しかしこの魚はここまで全く弱っていなかったもので右へ左へ……

s-GOPR0441青物ラインブレイク_Moment20180619.jpg

その時です沈みテトラの横に走られました…

プツ…………

テトラの貝でラインブレイク…リーダーが切られました…

これも反省点があります。リーダー組直していなく少しだけ傷があったのを大丈夫だろうと使っていたからです…


雨が強くなり、雷に気を付けながらジギングを続けました。

ここからは、ソウダガツオのHIT連発です。 
s-RIMG0725ソウダガツオ20180619.jpg

s-RIMG0726ソウダガツオ20180619.jpg
36cmのソウダガツオ

2HIT目のソウダガツオは徳島から青物狙いでショアジギングに来られた方が、お土産にと頂いてくれました(測定無し)。

3HIT目のソウダガツオ(35cm)はケガをしていたのでキープ。
s-RIMG0728ソウダガツオ20180619.jpg


4HIT目のソウダガツオは無傷だったのでリリースしました。(家族多くないので食べられる分だけお持ち帰り~)

s-GOPR0467ソウダカツオ_Moment20180619.jpg

11時過ぎまで続けましたが、おおっ!のアタリが数回とゴンというアタリが1回あったのみで追加は無し。

雨も強くなり納竿としました。


この2日間の釣果はソウダガツオ×5、ダツHIT×1、ネイリHIT×1、青物HIT×1、何かのHIT×1。

その他にコンコンというアタリが多数、ゴンが2回で、今回はショートバイトが多いのかHITに持ち込めなかったです。

ルアーについては、昨年度よく釣れていたピンクグローは全く反応がなく、ゼブラピンクやブルピンに変えるとよく反応がありました。

色々楽しめましたが、取り込みミスなど反省点も多く、なんだかスッキリした釣行にはならなかったです。

また、次回の釣行に活かしていきます



使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(ピンクゼブラ、ブルピン)

2018.06.22 08:27 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(6) |
仕事が振休ということで、6月18日(月)に久しぶりの芸西村「喜ら功」に寄って、唐揚げ弁当を購入し東部の漁港目指して出発~

漁港で氷を購入後、ポイントに着いたのは13:30位でした。天気は曇り。台風6号から熱帯低気圧の変わったばかりで、うねりを心配していましたが、それほど大きくなくショアジギングできそうです


水平線を見ながらお弁当を食べ、14:00過ぎにキャスト開始!

すると、5~6投目でしょうか

シュンシュンシュン、コン

??アタリがありました…

以前記事に書いて何度か試したことがあるアタリの後の誘い(勝手に沼田作戦と呼んでいますが…)を入れると…

グン

HIT~、どんな魚かな~っと思いながら引きを楽しんでいると少し沖の方で魚がジャーーンプ(ウネウネ…)

あ゛~、ダツ~~。

しばらくリトリーブしてきましたが、数回目のジャンプでオートリリース~

まぁ、いいか。。。引きが楽しめたし、ありがとうダツ

それからすぐに

コン

アタリがあり…アワセを入れてHIT~!、リトリーブ。抜きあげると…

s-RIMG0721ソウダガツオ20180618.jpg

s-RIMG0723ソウダガツオ20180618.jpg

36cmのソウダガツオ(マルソウダ)でした。

傷むのが早いと聞いているので即、血抜き→内臓を取り保冷へ。

カツオは重さはないですが、あちこち走るので釣っていて面白いです


ダツがHITし、ソウダガツオが釣れ、沖にはトビウオが…

いよいよ、海中にも夏が来た気がします!

なんだかワクワクしてきますね!!


次のHITがあったのは、16:00前でした。

フルキャストからボトムをとってジャーク、2度目のボトムをとって7~8シャクリ目でした…

グン

HIT~。この重さ、引きはマルソウダではないぞ!!

ぐんぐん巻いて巻いて、足元まで寄せてくるとシルバーな魚体が見えてきました…

足元に寄ってから、引きが強くなり時々ドラグがチリチリとなります。

s-GOPR0424フックアウト.jpg
(↑クリックで拡大できます↑)

少し魚体が浮いたので、よし!抜きあげようと思いロッドを上げると…

ブンッ

な、なんと口切れでルアーがすっぽ抜けてきました~~

残念。。。。手抜きせず、ちゃんとネット使えばよかった…

見えた魚から勝手な判断ですが…40㎝前後のネイリの気がします…

このショックを取り戻そうと、日没までキャストしましたが特に変わったこともなく、この日は納竿としました。

明日の朝マズメに期待し、車中泊です。


書いていると長くなりましたので、19日の釣行記は次回に…

2018.06.20 16:40 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(2) |
梅雨入りした四国、早くも6月です。
仕事の振休日であった1日(金)に東の漁港へショアジギングに行ってきました


朝マズメ4時半からキャスト開始!雨は降っておらず、ただ相変わらず強い風が吹いています。

最初はジグで表層狙い。しかし、特に反応無し…

平日なので堤防貸し切り状態でできると思っていましたが、明るくなって周囲を見渡すと、なんと10人位がショアジギングしていました

ここ2回は、ジグにダブルフックをつけていましたが、ジャークがしっくりこないので今回はフロントシングル一本勝負で❗

今日は4:6でジグよりもプラグ系の人が多く、6:00位には堤防の付け根付近でプラッキングしていた方が早速ハマチ(メジロ)をキャッチ。

しばらくして、今度は先端付近の方がハマチ(メジロ)をキャッチ。

う、うらやましい~~

でも、魚がいることは分かった

その間、僕は中層、ボトム付近をジャークして狙っていましたが、アタリもなし。。。

しばらくキャストして、9:00過ぎ頃ボトムをとるためにベールを返してラインを出していると

シュ、シュルルルルルーーー

強風のラインふけどころでない速さでラインが出ていきます。フリーフォール中に喰ってきたようです

あわててベールを返しました!すると

バン

その反動でフックアウト~

水面にそこそこのサイズの青物の暴れた魚体が見えました……残念


やっぱり、このパターンの攻略がまだよく分からない~💨



朝マズメで帰ろうとも思いましたが、どうしてもフックアウトしたことが忘れられず夕マズメまで頑張ってみることにしました。


午前中は10:30までやりましたが、ノーバイト…

13:32に干潮なので昼休憩をとり、潮が動き出すまで少し早いですが13時過ぎから再度キャスト開始!


だいぶ疲労がたまってきたので、休んではキャストの繰り返しでした。

16時過ぎのことでした。キャストし3回ボトムをとりジャークの後回収のリトリーブをしているとロッドに


ズーーーン


という違和感があり急いで合わせを入れると、突然ドラグが


ギュイーーーン、ギュイーーーン


と鳴りだしました!おおっHITだ!


今回の魚はかなり重い。何度かドラグがュイーーーンギュイーーーンと鳴り、やっと魚が浮いてきました。

「で、でかい」

水面でも暴れます。テトラにも1回潜られました。水面でやり取りしているうちに疲れてきたようです。

何とかネットに入れてキャッチできたのは~



メジロ20180601(4).jpg
 
メジロ20180601 (2).jpg

メジロ20180601 (3).jpg



76cmのメジロ(ブリ)でした

重さは4.14kgのいいサイズです。もしこのサイズのカンパチならランディングは無理だったかも。

ヒットルアーは撃投ジグ ピンクゼブラ。僕はあまりこのカラーでHITさせたことがなく驚きました。

昨年同じ位のサイズのシイラを昨年釣りましたが、シイラは泳力はあったものの、このメジロはとにかく重たい!という感じでした。

2018年になって5カ月、釣果が出ない中モチベーションも下がりつつありながら、辛抱して頑張って良かったです。

このサイズ、記録更新です(ダツ、ヤガラ除く)。もちろん青物では初サイズです

メジロ20180601(1).jpg

この後、少しやってみたもののノーバイトで17時半に納竿としました。

このサイズは僕のクーラーボックスに収まらず(過去のシイラやヤガラは曲げることができたので…)、近くの魚屋さんに発砲スチロールケースを売ってもらい持ち帰ることとしました。

2018年初青物がいきなりの目標越えサイズで、諦めずに夕マズメまでやって良かったと思える1日でした。



使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(ピンクゼブラ

2018.06.02 11:04 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(10) |
 18日、またまた室戸へ行きました。14:00~17:30に雨の中での釣行しました。

この日は2回のヒットがあり、1回目は途中でフックアウトしました…。2回目はテトラに潜られてラインブレイクです…。引きの強さと、テトラに潜る習性から、きっとネイリだったんだろうと思っています。(この後根に潜られた時の対策を、youtubeで学びました!)


22日は、18日のリベンジで室戸に行きました。5:00~12:00の釣行でした。

ガチのショアジギングでの釣り方、テトラとの戦いも少しずつ学習してきたところです。

この日は3回のヒットがありました。うち1回はゴリ巻の途中で、リールがフッと軽くなり、無念のフックアウト~でした…(まだまだ修行不足)

次にヒットがあった魚は、ここまでのいろんな魚のやり取りの中でも一番の引きです。そして、ゴリ巻していましたが、テトラに潜られました…

ここは学習の成果を試すときです!無理にリールを巻いたり、ロッドを上げたりせず、ベールを返しラインのテンションを少し緩めました。するとどうでしょう、魚が動いてテトラから出てきました。そこで一気にゴリ巻です!きれいなシルバーの魚体が見えてきました!

タモを用意しランディング成功!!上がってきたのは…


ヒレナガカンパチ_20160922


36cmのヒレナガカンパチでした。


3度目のヒットは、またまたこれまでにない引きでしたが、根に潜られることはなく、ゴリ巻ゴリ巻で、またまた美しいシルバーの魚体が見えてきました。無事ランディングに成功し、上がってきたのは…


カンパチ_20160922


38cmのネイリ(カンパチ)でした!青物の記録更新です!


今日はこの2匹をキープし、お刺身にしていただきました。魚を捌くのも、少しずつうまくなってきている気がします。
 刺身20160922
↑あまりおいしそうではないですが…




使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g

2016.09.22 22:23 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |