FC2ブログ

ルアーで釣りましょう!

    2016年から高知の海でルアー釣りをはじめました

土曜日は仕事だったもので、仕事終わりにそのまま東に向かいました~
到着したのは、午後7時半でいつものポイント確保のため準備して向かいました。
三連休が気になっていましtが、お気に入りの釣り座はすでにアングラーが待機していました~
仕方なく、少し隣に陣取ることに。

16日(日)6時位からキャスト開始したのですが…この釣り座は下にかなりのテトラがあって、きっと抜き上げしかできないと判断。ドラグの出るようなサイズの魚は無理だと思います…
そしてウネリがひどい。離岸堤の赤灯台は高波をかぶり、その様子を写真撮影しようと向かうと…
ザッパーーーン
s-RIMG0881赤灯台20180916.jpg

これがその時の写真。漁港先端でも潮かぶりました…

今回の釣り座は全く潮かぶらない位置なので安全は確保できていますが…時々のウネリがひどいですねぇ。
ゴミも時々流れてきて、海は前回同様濁りが…
そんな状況ですがアングラーは多く、十数人はおりました。

朝の時合が来たのは7時過ぎでした。フルキャストから再度ボトムをとって中層付近で
ゴン
HITです。うれしいのですが取り込みに不安が…

しかし今回のウネリが取り込みにいい作用があって、高波が来ると沈みテトラがほぼ沈みます。このタイミングに合わせて魚を寄せてくることに。
抜き上げたのは~
s-RIMG0887ハマチ20180916.jpg
40cmのハマチでした。

その後すぐ
s-RIMG0891ハマチ20180916.jpg
同サイズのハマチを抜き上げ成功。

少しして今度は
s-RIMG0894ネイリ20180916.jpg
32cmのネイリ(カンパチ)をキャチ。う~ん小さいなぁ…

40cmのハマチを足元でバラシ…その後ボトム付近でHIT~
s-RIMG0897ネイリ20180916.jpg
s-RIMG0900ネイリ20180916.jpg
35cmくらいのネイリ。まだ小さい…

この時点で9時半くらい。フルキャストして再度ボトムをとった瞬間
ゴン
HIT~!
ドラグが出るほどではないですが、ここまでにない引きが感じられます。

足元まで寄せてくると、テトラに潜っていきます。
ラインが擦れているのでベール返したりテンションを緩めたりして何とかやり取りをしました。40オーバーのネイリかと思いましたが上がってきたのは~
s-RIMG0903タマミ20180916.jpg
35cmのタマメ(ハマフエフキ)。小さいですがスレ掛だったため良い引きをしてくれました!初魚GETです

それから30分後くらいに、ボトム付近でゴン
ネイリかと思い抜きあげると~
s-RIMG0904ハマチ20180916.jpg
40cmくらいのハマチでした。

また30分後くらいです、着底と同時にゴン。
抜きあげると~
s-RIMG0908ネイリ20180916.jpg
s-RIMG0911ネイリ20180916.jpg
35cmのネイリ。今日のネイリはこのサイズがアベレージなのかな?

それからすぐ、またボトム付近でゴン
s-RIMG0912ネイリ20180916.jpg
s-RIMG0914ネイリ20180916.jpg
40cmのネイリでした。このサイズのネイリになってくると引きが楽しめます

時合が過ぎ去ったのか、ここから2時間弱アタリも何もない状態が続き…
12時半前にやっと次のHITがありました。
コツッというアタリがありましたが乗らなかったので誘いをかけるとゴン
s-RIMG0920ハマチ20180916.jpg
40cmのハマチでした。

ここでいつものポイントで釣りをしていたアングラーの3人組の皆さんが帰られるということで入らせてもらいました。
しかも未開封の2リッターのお水を頂きました。ありがとうございます

ハマチから1時間くらいしてやっとHIT
s-RIMG0922ネイリ20180916.jpg
s-RIMG0923ネイリ20180916.jpg
38cmのネイリをキャッチし、14時前に納竿としました。


結果は、ハマチ×5HIT(うち1バラシ)、ネイリ×6HIT(うち1バラシ)、タマメ×1でした。

この日は周りのアングラーにも40cm前後のハマチと35cm前後のネイリがかなり釣れていました。
ネイリは例年のこの時期のアベレージなのか、少し小さいなぁという感じですが数釣りができたので楽しめました

あと、以前書いたドルフィンセンターのコーン&チェーンがなぜか無くなっており、漁港の氷販売も再開していました!

さて、いよいよ9月も終盤。
次の3連休には初の沖磯、月末には初のオフショアと楽しみ半分緊張半分のドキドキが待っています~。



使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m 2.5号
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
フック:DECOYグランドパイク 2/0
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(ピンクグロー、ピンクゼブラグロー、ブルピン)

2018.09.18 10:30 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(8) |
10日(月)息子を学校に送ってから、いつもの東部漁港目指して出発しました!
到着したのは10時半過ぎで心配していた雨も上がり、いつものポイントでキャスト開始。
貸し切り状態でした

1投目、いきなりグンッ、チリチリ

これはさっそく大物か~っと思っていたら、向こうのほうでニョロニョロした魚がジャンプ!
ダツです。2度目のジャンプでオートリリース。まぁ、いいか…


それから少しして、2回ボトムをとって16シャクリ目(中層~表層)で

ゴン

足元に来て、根に潜ろうとしたり、なかなか走ります。
上がってきたのは~
s-RIMG0834スマ20180910.jpg
s-RIMG0836スマ20180910.jpg
40cmのスマ。マルッとしています。このサイズになると引きが楽しいですねぇ~

次のHITは11時半ころでした。
フルキャストから次のボトムをとって13シャクリ目(中層付近)で

ゴン

少し遠いので、必死にポンピング&リトリーブ。足元の沈みテトラに近づくと、潜ろうと何度か抵抗されドラグもジジッと出ます。

何とかネットイン成功!キャッチできたのは~
s-RIMG0839ヒラマサ20180910.jpg
s-RIMG0842ヒラマサ20180910.jpg
60cmのヒラマサ。やりました、またまたヒラマサのサイズアップ

お昼頃に、2本のスマを追加。

s-RIMG0843スマ20180910.jpg
s-RIMG0847スマ20180910
サイズは41cm。

s-RIMG0848スマ20180910.jpg
s-RIMG0851スマ20180910.jpg
サイズは37cm。2匹とも黒点が美しい~


ここでお昼休憩。お弁当は以前も書きましたが、芸西村「喜ら功」の唐揚げ弁当。
s-RIMG0856喜ら功.jpg

やっぱり美味しいです~

1時間くらい休憩して、キャスト再開。

しばらく反応が無かったのですが、14時頃でした、2回目のボトムをとって7シャクリ目(ボトム付近)で

グン

抜きあげ成功。キャッチできたのは~

s-RIMG0857ネイリ20180910.jpg
s-RIMG0859ネイリ20180910.jpg
38cmのネイリ(カンパチ)。やっぱりボトム付近にいるようですね~。


その後すぐに、

フルキャストから3回目のボトムをとって13シャクリ目で

ゴンッ、ジリリリリ

お、大きいかも!?。足元まで寄せてきたところで、沈みテトラにぐんぐん潜っていきます。ドラグもジリリリリ~

ラインが擦れた音がし出したので、ベールを返して待機。もうすぐ浮いてくるかと思ったところで~

プンッ


はーーーー、またラインブレイク。以前と同じパターン。今回も攻略できず…


70オーバーのネイリかヒラマサです。きっと……。

気を取り直して再開。

15時半くらい、2回目の着底から9シャクリ目で

ゴン

少し重そうなので、抜きあげはせずネットでキャッチ。
s-RIMG0863ネイリ20180910.jpg
s-RIMG0865ネイリ20180910.jpg
43cmのネイリ(カンパチ)でした。う~ん、いい引きでした!

次は30分後。ボトムをとって21シャクリ目(表層付近)でココッと何かかちょっかいを出してきます。

軽くシャクって誘いをかけると~

ゴン


見事にHIT
こんな駆け引きで食わせることができると、とても面白いですね。

ネットインでキャッチできたのは~

s-RIMG0868ハマチ20180910.jpg
s-RIMG0871ハマチ20180910.jpg
41cmのハマチでした。

この後、42cmの黒点の多いきれいなスマ、40cmのネイリを追加 。
s-RIMG0873スマ20180910.jpg
s-RIMG0876スマ20180910.jpg
s-RIMG0877ネイリ20180910.jpg


17時過ぎに納竿としました。

最終釣果はスマ×4ヒラマサ×1ネイリ×3ハマチ×1でした

先日の状況とは一変し、休み休みの中でのこの釣果は大変満足できるものでした。
海水は岬までは、川からの泥水で茶色くなっていましたが、漁港は少しの濁りがあった程度でした。
そのためかブルピンには全く反応せず、グローカラーばかりの釣果となりました。


ただ、漁港周辺に若干不穏な雰囲気を感じており、ドルフィンセンターには釣り人への注意書きがたくさんあり、かつセンターの奥には車で行けないようにコーン&チェーンがされており、きっと釣り人のマナーがこうさせているのだと…。漁港の氷も販売中止の張り紙もあったし…。

ここで釣りができなくなるのは、大変残念ですので、釣りに行かれる皆さん自分も含めてですが「来た時よりは美しく」を心がけて楽しむようにしましょう!




使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m 2.5号
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(スローゼブラグロー、ピンクグロー、ピンクゼブラグロー)

2018.09.11 10:53 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(6) |
7月13日(金)の午後に、いつもの東部漁港へショアジギングしてきました。

キャスト開始したのは、13:30位で先端灯台下に2名、先端テトラ付近に1名がいました。僕はいつもの所が開いていましたので早速準備をして釣行開始!

海の状況は前回と変わっており、風はあまりなく波もほとんどない状況で、ただただ暑い…

最初のHITは1時間くらい経った時です…

コン

この引き、走りはもう分かります…

s-RIMG0768サバ.jpg

はい、お約束マルソウダ~。今回はソウダガツオはお持ち帰りしないと決めていたので、すぐリリース。

それから30分後、2匹目のマルソウダ…。スマを期待していますが…。

う~ん、またまたカツオ祭りか!?

次は15:00過ぎでした。

コン

このアタリ、横に走る魚。またソウダガツオか~っと寄せてくると

  s-RIMG0769サバ.jpg

なんと、1年ぶりの40cmの大サバでした!

これは、処理してキープ。塩焼きかな


1時間弱経った頃でした、フルキャストから2回ボトムを取り直して20シャクリ目で…(中層~表層付近)

グン

ロッドが曲がります!ソウダ以外がHITです!!

重みを感じつつリトリーブ、時折ドラグがジジジジー、ジジジジーと出されます。

足元に近づいた辺りで魚が横に走り出しました…ラインが横のテトラに擦れています…

s-GOPR0559ヒラマサ_Moment01改.jpg

ここで、前回の反省を活かしすぐさまベールを返して、いったんテンションフリーにして泳がしました。

すると今度は、沈みテトラの根に潜ろうとします。慌ててベールを戻し引きはがしにかかりました。

何とか魚が浮いてきて、無事ネットイン

s-GOPR0559ヒラマサ_Moment02.jpg


キャッチできたのは…
s-RIMG0772ヒラマサ.jpg

55cmのヒラマサ。やったー!前回より2cmサイズアップ丸みのある魚体で美しい~

今回はラインブレイクせず、いろいろ考えてやりとりして取れた魚なので、これはうれしいです1匹です


この後、2匹のマルソウダをキャッチ、1匹はフックアウトでオートリリース。

しばらく、何の変化もなく夕マズメをむかえました。

体力も無くなり、19:00に納竿しようと最後の1投でした…

1回ボトムを取り直して、7シャクリ目(ボトム~中層)で

ゴン

HITです!まあまあ引きます。上がってきたのは…

s-RIMG0780ネイリ.jpg

37cmのネイリ(カンパチ)でした!ボトム付近をジャークしていたので狙い通りのネイリで、このサイズでも根に潜っていこうとするのでやり取りが面白いですね。

熱中症に気を付けながら、休憩を多く挟んでの釣行でして、なんとか釣果が出たので良かったです。

ヒラマサのお刺身~
s-DSC_2575ヒラマサ刺身.jpg

カンパチのお刺身~
s-DSC_2572ネイリ刺身.jpg

残ったヒラマサの柵は漬け丼で頂きました。

僕はどっちかというと、ネイリのあっさりした刺身のほうが好みかも…


使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m 2.5号
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(ピンクゼブラグロー、ブルピン、ピンクグロー)

2018.07.17 09:07 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(4) |
19日(火)の車中泊で目覚めたのは午前4時過ぎでした、外に出てみるともう明るくなってきています。

そして、雨……

雨の時のルアー釣りは難しいと雑誌なんかに書いてありますが、僕は雨の時の釣果が悪くないので結構好きです。

堤防に着いてキャスト開始したのは、4時半過ぎでした。

最初の反応は30分くらい経った頃でしょうか、フルキャストからボトムをとってワンピッチジャーク15回目(中層付近)でHITです!

s-GOPR0439何かのHIT0619.jpg

この引きは青物かな?というような強さです。

グイグイとリトリーブしてきましたが…

4,5回ポンピングしたところで

フッ

ロッドが軽くなりました…口切れでしょうか…

う~ん、残念

気を取り直してすぐにキャスト再開です!

20分くらいたったころでした

キャストからボトムをとってワンピッチジャーク、もう一度ボトムをとって11回目のジャークをしたところで…

グン、チリリリ

HITしました!いいサイズかと思いきや、強い抵抗もなく結構簡単に寄ってきました。

おお、青物だ!

と思っていたところ、足元で抵抗が始まりました。なかなか走り回り、ドラグもチリチリ鳴ります。

昨日の反省で、ネットを使って取り込みの用意は完了。しかしこの魚はここまで全く弱っていなかったもので右へ左へ……

s-GOPR0441青物ラインブレイク_Moment20180619.jpg

その時です沈みテトラの横に走られました…

プツ…………

テトラの貝でラインブレイク…リーダーが切られました…

これも反省点があります。リーダー組直していなく少しだけ傷があったのを大丈夫だろうと使っていたからです…


雨が強くなり、雷に気を付けながらジギングを続けました。

ここからは、ソウダガツオのHIT連発です。 
s-RIMG0725ソウダガツオ20180619.jpg

s-RIMG0726ソウダガツオ20180619.jpg
36cmのソウダガツオ

2HIT目のソウダガツオは徳島から青物狙いでショアジギングに来られた方が、お土産にと頂いてくれました(測定無し)。

3HIT目のソウダガツオ(35cm)はケガをしていたのでキープ。
s-RIMG0728ソウダガツオ20180619.jpg


4HIT目のソウダガツオは無傷だったのでリリースしました。(家族多くないので食べられる分だけお持ち帰り~)

s-GOPR0467ソウダカツオ_Moment20180619.jpg

11時過ぎまで続けましたが、おおっ!のアタリが数回とゴンというアタリが1回あったのみで追加は無し。

雨も強くなり納竿としました。


この2日間の釣果はソウダガツオ×5、ダツHIT×1、ネイリHIT×1、青物HIT×1、何かのHIT×1。

その他にコンコンというアタリが多数、ゴンが2回で、今回はショートバイトが多いのかHITに持ち込めなかったです。

ルアーについては、昨年度よく釣れていたピンクグローは全く反応がなく、ゼブラピンクやブルピンに変えるとよく反応がありました。

色々楽しめましたが、取り込みミスなど反省点も多く、なんだかスッキリした釣行にはならなかったです。

また、次回の釣行に活かしていきます



使用タックル
ロッド:シマノ コルトスナイパー S1006MH
リール:シマノ 15 ツインパワーSW 6000HG
ライン:よつあみ G-ソウル スーパージグマンX8 300m 2.5号
リーダー:シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 12号(49Lb)-50m
ルアー:撃投ジグ レベル 60g(ピンクゼブラ、ブルピン)

2018.06.22 08:27 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(6) |
仕事が振休ということで、6月18日(月)に久しぶりの芸西村「喜ら功」に寄って、唐揚げ弁当を購入し東部の漁港目指して出発~

漁港で氷を購入後、ポイントに着いたのは13:30位でした。天気は曇り。台風6号から熱帯低気圧の変わったばかりで、うねりを心配していましたが、それほど大きくなくショアジギングできそうです


水平線を見ながらお弁当を食べ、14:00過ぎにキャスト開始!

すると、5~6投目でしょうか

シュンシュンシュン、コン

??アタリがありました…

以前記事に書いて何度か試したことがあるアタリの後の誘い(勝手に沼田作戦と呼んでいますが…)を入れると…

グン

HIT~、どんな魚かな~っと思いながら引きを楽しんでいると少し沖の方で魚がジャーーンプ(ウネウネ…)

あ゛~、ダツ~~。

しばらくリトリーブしてきましたが、数回目のジャンプでオートリリース~

まぁ、いいか。。。引きが楽しめたし、ありがとうダツ

それからすぐに

コン

アタリがあり…アワセを入れてHIT~!、リトリーブ。抜きあげると…

s-RIMG0721ソウダガツオ20180618.jpg

s-RIMG0723ソウダガツオ20180618.jpg

36cmのソウダガツオ(マルソウダ)でした。

傷むのが早いと聞いているので即、血抜き→内臓を取り保冷へ。

カツオは重さはないですが、あちこち走るので釣っていて面白いです


ダツがHITし、ソウダガツオが釣れ、沖にはトビウオが…

いよいよ、海中にも夏が来た気がします!

なんだかワクワクしてきますね!!


次のHITがあったのは、16:00前でした。

フルキャストからボトムをとってジャーク、2度目のボトムをとって7~8シャクリ目でした…

グン

HIT~。この重さ、引きはマルソウダではないぞ!!

ぐんぐん巻いて巻いて、足元まで寄せてくるとシルバーな魚体が見えてきました…

足元に寄ってから、引きが強くなり時々ドラグがチリチリとなります。

s-GOPR0424フックアウト.jpg
(↑クリックで拡大できます↑)

少し魚体が浮いたので、よし!抜きあげようと思いロッドを上げると…

ブンッ

な、なんと口切れでルアーがすっぽ抜けてきました~~

残念。。。。手抜きせず、ちゃんとネット使えばよかった…

見えた魚から勝手な判断ですが…40㎝前後のネイリの気がします…

このショックを取り戻そうと、日没までキャストしましたが特に変わったこともなく、この日は納竿としました。

明日の朝マズメに期待し、車中泊です。


書いていると長くなりましたので、19日の釣行記は次回に…

2018.06.20 16:40 | ショアジギング | トラックバック(-) | コメント(2) |