ルアーで釣りましょう!

    2016年から高知の海でルアー釣りをはじめました

18日の夕マズメに合わせて、15:00~19:00にいつものサーフに行ってきました。

今日は、ラインシステムを変えてみたのでどんな感じになるのか、テスト釣行です。

いままでのサーフ用タックルのシステムは

PE → FGノット → リーダー → ニットノット(ダブル) → 音速スナップ → ルアー

だったのですが、音速スナップの前にスイベルを入れて

PE → FGノット → リーダー → ニットノット(ダブル) → スイベル → 音速スナップ → ルアー

としてみました。理由は、ジグの動きがもっと自由になるかと考えたからです。


キャストした結果ですが………


ジャカジャカ巻きは、特に問題なし。が、ワンピッチジャークはダメでした…

重さの違和感とシャクリとリトリーブが噛み合わず、挙句の果てに、1/2の割合でエビる…



きっと、ジグが予想以上に暴れています!



音速スナップを外して、スイベル→ジグ としてみてもエビる現象は続き…

スイベル使用は諦めました。(技術的な問題かもしれませんが)


で、釣果は


s-RIMG0330ワカナ.jpg


s-RIMG0332ワカナ.jpg


25cmの肉付きのいいワカナ1匹でした。



この魚も、スイベルが原因なのか、アタリがきちんととれませんでした。




この後、スイベルを外し音速スナップのみで釣りを続けました。

ワンピッチもビシッと締まり、エビる現象も起こらず。



やっぱり今後は、今まで通りのラインシステムで行きたいと思います。




使用タックル
ロッド:ダイワ ラテオ 106ML・Q
リール:シマノ 15 ストラディック(STRADIC) 4000HGM
ライン:よつあみ G-ソウル X8 アップグレード 1.2号 200m
リーダー:VARIVAS シーバス ショックリーダー フロロカーボン 22LB.(6号)
ルアー:マリア ムーチョ・ルチアAH 35g (スーパーグロー)
2017.06.19 18:26 | ライトショアジギング | トラックバック(-) | コメント(2) |
| ホーム |